YEAR

2022年

不眠やイライラを改善する市販薬

今回は不眠や、弱った身体がストレスに晒されて症状が出ている方に向けた市販薬を解説しました。 ドリエル リンク 一時的な不眠に対してジフェンヒドラミンという成分が有効と考えられています。 ウット リンク ウットという商品は数種類の催眠鎮静薬が含まれています。ウットのほうが数種類の催眠鎮静薬(ブロモバレリル尿素とアリルイソプロピルアセチル尿素)が含まれているため、効きが良いかもしれません。催眠の補助薬 […]

生理痛に使用される痛み止め

生理痛に使用される痛み止めの選び方を列挙しました。 桂枝茯苓丸 リンク 月経不順や月経痛(下腹部痛)等、女性ホルモンに関する症状に対して選択肢となります。血が滞った症状に対して下半身の方向に誘導して解消するというイメージです。経皮と芍薬によって身体のエネルギー・血液のめぐりを良くしています。茯苓・経皮の組み合わせが精神的な症状(ほてりや気持ちの高ぶりによるイライラ・動悸等)に対応しています。①身体 […]

頭痛に使える鎮痛薬

頭痛の場合に使える痛み止め等の選択肢を並べてみました。 葛根湯 リンク 一時的な頭痛であったり、肩や首・背中のこわばり等もある場合には葛根湯が適している場合があります。元々は体を温めて汗を流す漢方なので、体を冷やさないようにしましょう。 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 リンク 冷えやむくみを伴う頭痛に適しています。当帰という生薬が血の巡りを良くして冷えや痛みを改善する漢方です。効果を十二分に発揮するために […]

市販の咳止め薬の選び方4選 | 薬剤師が監修

前置きはなしにして、風邪による咳を軽減する市販薬をご紹介します。 乾いた咳に対して 乾いた咳に対しては、コデイン類を主成分とする麻薬製鎮咳成分配合剤が選択可能です。「ゴホン」といった痰の混じった咳に対しては悪化の要因になりかねませんので注意が必要。 12歳未満、授乳されている方、運転される方は使用できません。 リンク リンク 呼吸器系の治療薬を飲まれている方は要相談です。 麦門冬湯 乾いた咳に対し […]

【おすすめの解熱鎮痛剤】薬剤師が選び方を解説

この記事は、風邪等による頭痛や発熱腰痛の症状がある方に向けて書いています。 今回は薬剤師の視点から、市販の解熱剤の選び方について解説しました。 最初にお伝えしておくと、病院・市販薬に関わらず併用薬のある方については一概に「オススメの薬」というのは有りません。併用薬や副作用・アレルギーを持っている方については私の公式ラインでも構いませんが、必ず薬局やドラッグストアの薬剤師に相談してください。併用薬や […]

【花粉症の薬】市販薬のおすすめ6選|薬剤師が厳選

日本の国策によって増加してしまった花粉症(アレルギー性鼻炎)、これは症状の出る人にとっては不快感を強く感じてしまうものです。 今回はこの花粉症を始めとした、アレルギー性鼻炎についての飲み薬・点鼻薬を選択する際の考え方を紹介します。 以下の状況に当てはまる方は市販薬で対応するべきではない可能性がありますので病院を受診してください。 アレルギー性鼻炎とは アレルギー性鼻炎とは、抗体を介した免疫反応によ […]

花粉症治療薬について

※当記事は、一般人であってもある程度読めるような構成・表現にしてありますが管理人の知識のメモ・備忘録としても機能させてありますのでわからない箇所は無理に理解しなくても問題ないです。 くしゃみや鼻詰まりの原因について 鼻炎治療薬の効能であるくしゃみや鼻水鼻づまり、涙目喉の痛み、頭痛などの症状は急性鼻炎·アレルギー性鼻炎副鼻腔炎などによって生じます。 鼻炎治療薬の購入に当たっては、それらの症状の原因が […]

【市販の胃腸薬の選び方とオススメ】薬剤師がタイプ別に解説

インターネット調査によると、市販の胃薬は約4割以上の人が使用していてそのうちの症状としては胃もたれや食べすぎ、胃痛が主な症状と言われています。 世の中には沢山の種類の胃腸薬が販売されていて一般の人からすると何がなにやらわからないドラッグストアで何が違うか聞いても「メーカーが違います」と言われて煮え切らない思いをする方もいらっしゃるでしょう。 今回は主な症状・選択の仕方や考え方について解説していきま […]

【薬剤師が解説】浣腸の市販薬のオススメは? | 便秘薬の選び方を解説

今回は頑固な便秘であったりすぐに排便したいという緊急性のある便秘に対して市販薬からどのようにアプローチするかということについて解説します。 基本的な市販薬の選び方・考え方についてはこちらに記事を書いてますのでまずはこちらをご一読ください。受診すべき症状についても記載してあります。 今回は,緊急性ということで排便までの時間が特に短いものを解説しています。 浣腸・坐薬とは 浣腸・坐薬は肛門から直接薬剤 […]