楽天とAmazonどちらで購入すべき?

皆様はネットで買物をすることが多いですか?
私は多いです。
当ブログでもネットでの買い物を紹介していますし,できれば皆様にもお得に購入していただきたいと考えています。
そこで,今回はAmazonと楽天のパターンにおいて,
どちらを利用するのがメリットがあるのかを比較してみました。

楽天は価格が高いが,ポイントの使い勝手が良い

結論から言えば,
まとめ買いをしたり,お買い物マラソン等の条件が揃うキャンペーン期間等においては
楽天での買い物の方が有利です。(有利になるケースが多いです)

楽天市場の方が価格が高い傾向があります。
しかし楽天で買い物(楽天市場)をするとポイントが溜まりやすいメリットがあります。
ふるさと納税の買い物に対してもポイントが貯まるので,慣れたらポイントを貯めるのが楽しいです。

そして,楽天ポイントは使い勝手が良く
日常生活圏においてはほぼ使い切る事ができます。
(通常の買い物の範囲内においては失効を考える必要がありません)

楽天ポイントの使い方

日常においては楽天Payと楽天Edyさえ知っておけばポイントを失効することはまず無いです。

楽天市場価格の方が高い傾向あるが,ポイントが溜まりやすい

送料を加味すると楽天の方が価格が高い傾向にあります。
価格が高いと損しているように見えますが
ポイントを加味すると購入のタイミングによっては楽天市場の方が圧倒的に安くなり得ります。

ただし,3900円以上の買い物をするとその店においての送料は無料になる場合が多いです。

 

楽天市場の方が得するパターン

お買い物マラソン+5と0のつく日
クーポンで割引がある場合
SUPER DEAL
まとめ買い

たくさんありますが,上記のパターンを気にしておけば問題ないです。
気にしだすと勉強することが本当に多いので,とりあえず上記のパターンを覚えておけば良いです。
何が言いたいかというと,
楽天においては20%程度のポイント付与が割と現実的な条件で達成できるということです
(詳しくはやってみてから勉強してもらうのが一番いいと思います。キリないので)

デメリット

楽天市場(楽天サービスにおける買い物アプリ)でのデメリットとしては
トイレットペーパーや箱ティッシュ等を安く買おうとすると12セット単位となったりして,
単品購入においては損することが多いです。

まとめ

楽天は,
条件さえ揃えばAmazonよりも明らかに得に買い物ができるが,ベースの価格は高めに設定されている。
楽天のポイントは日常生活において使える場面が無数にある
送料を考えるとまとめ買いが基本。単価が安い商品の単品購入には向かない
ポイントの使い方は楽天Payと楽天Edyさえ知っておけば良い

このようなイメージで問題ないでしょう。

Amazonで購入する際のメリット・デメリット

Amazonで購入するメリットは,
単品で購入する場合(得に安いもの)
アマゾンプライム会員においては送料が無料
注文してから届くのが早い
口コミを書いてあるのが多い

このような部分です。

結論

日用品をまとめ買いする場合→楽天市場(楽天カードを所持している前提)

急ぎの商品であったり,単価が安くて楽天だと送料が高くつくもの→Amazon
というのが結論です。

楽天で買物をするなら

楽天で買物をするなら,
楽天カードの作成が必須です。

Yahooショッピングでの買い物についても解説しますが,
選択肢は多いほうが絶対に良いので,機会損失を防ぐためにも今作っておいて良いんじゃないかなとは思います。

今なら5000円分のポイントがもらえるらしいですよ。

 

普段は当コラムのように健康に関する発信や、
市販薬の選び方・病院を受診する基準について解説しています。

私はこのコラムをブックマーク(またはSNSフォロー)することを推奨しています。
というのも、このコラムから購入された場合にはブックマークすることによって
何の薬を購入したかについて忘れたとしても
パッケージについては確認できますし、
箱を無くしたとしてもパッケージさえ覚えていれば
注意点などをそこから遡ることができるからです。

実際にドラッグストアや薬局に来られている方で飲んでいる薬の名前を正確覚えている方はいないので
薬局で飲んでる薬を聞かれた時等いつでも確認できるように
ブックマークしてもらえたらいいかなと考えています。

また、SNSでもコラムのURLは載せているのでTwitterをフォローするという方法でも良いかなとは思います。
Twitterに飛びます

Instagramもたまに更新していますので、利用している方はぜひフォローお願いします。

Instagramに飛びます

読んでいただいてありがとうございました。
医薬品や化粧品の情報は怪しいのがたくさんあるので、比較の参考にもしていただけたらと思います。

NO IMAGE
美容や健康に関する発信を行っています。フォローして素早く情報をキャッチ!