市販されている胃腸薬について選択肢をまとめてみた | 乳酸菌製品を主に紹介

乳酸菌製品等の生菌製品には使い分けがないという話をさせていただきましたが,
今回は他の成分から考えた症状に適した使い分けをご紹介させていただきます。

何の話?という方は,まずこちらをご一読ください。
大まかな成分の説明もしております。

整腸薬(生菌製剤)の使い分けはどのように考える? | 成分についても解説

乳酸菌製剤等の生菌製剤自体には使い分けがありませんが,
他に付随する成分によって
「こういう症状に効くであろう成分が入っている」というものは存在します。

今回は剤形や含有成分から見た大まかな使い分けをご紹介させていただきます。
※今回は,乳酸菌成分を含むものをメインとしてご紹介させていただいております。

本記事は,副作用等が気になるから初めはマイルドな薬が良い
という方向けです。

お腹の張りが気になる方へ

お腹の張りが気になる方に適した成分として,
ジメチルポリシロキサンを含有する製品が挙げられます。

ガスピタン

余計な成分が少ないものとして紹介させていただきました。
内容物としては,
乳酸菌2種とビフィズス菌
セルラーゼAP3
ジメチルポリシロキサン
となっています。

ガスを除去する成分の割合が多い印象を受けますので,
お腹の張りが気になる+お腹の調子が少し悪い方に適していると考えられます。
下痢であっても便秘であっても使用可能です。

15歳未満の人は使用できないことに注意。
あと,1日3回なので少し割高です。

太田胃散チュアブルNEO

気分不良や,お腹が張るという症状が気になる方に適しています。
便秘や下痢という症状はないけど,お腹が張るという方に適しています。

成分分量水酸化マグネシウム600mg
炭酸マグネシウム600mg
沈降炭酸カルシウム960mg
ジメチルポリシロキサン120mg

1日に6錠飲むことになりますので,
症状が頻繁に出る方からすると,少し割高です。

ザ・ガードコーワ整腸錠α3+

沢山の成分が入っているのであまり私は好きではないんですが,
錠数が沢山入っており,コスパが良いという意味でご紹介させていただいております。
5歳以上であれば使用できることも強みです。

※ワーファリンを飲んでいる人は飲む前に薬局に相談してください。

納豆菌末10mgラクトミン(乳酸菌)30mg
ビフィズス菌30mg
ジメチルポリシロキサン84.6mg
センブリ末30mg
ケイヒ末30mg
ウイキョウ末30mg
メチルメチオニンスルホニウムクロリド30mg
沈降炭酸カルシウム300mg
水酸化マグネシウム300mg
パントテン酸カルシウム22.5mg

便秘や下痢が主な悩みの方

先程はお腹の張りのある方ということでご紹介させていただきましたが,
便秘・下痢以外には特に気になることはないという方向けの市販薬をご紹介致します。

ファスコン整腸錠プラス

下痢や便秘等で悩んでいて,
腹痛等の副作用はできれば避けたい
効くまでの時間はかかっても良いから(長くて2週間程度)マイルドな作用の薬を試してみたい
といった方に適しています。
市販薬を「試してみる」という状態の人にピッタリです。

また,含有されている沈降炭酸カルシウムは
吸着成分として使用されることもあり,
老廃物の排出の補助として期待できるかもしれません。

そして,5歳以上の方に関しては使用できるというのもメリットになります。

ただし,牛乳アレルギーの方は飲めないことと
ワーファリンを飲まれている方は飲む前に薬局で
ご相談するということに注意が必要です。


新ビオフェルミンS錠

必要最低限のものしか含まれていません。
不要な成分は飲みたくない方や
ファスコン整腸錠プラスが飲めない方の選択肢として
新ビオフェルミンS錠をオススメさせていただきます。

いかがでしたか?
今回は,作用がマイルドだけれども副作用もマイルド
という胃腸薬を中心にまとめをご紹介させていただきました。

いきなり効き目の良いものから試すと,
効きすぎたりということにもなりかねないので
マイルドなものからご紹介させていただいております。

皆様がより良い暮らしをする助けとなれば幸いです。

よかったらSNSでシェアお願いします✨

普段は当コラムのように健康に関する発信や、
市販薬の選び方・病院を受診する基準について解説しています。

私はこのコラムをブックマーク(またはSNSフォロー)することを推奨しています。
というのも、このコラムから購入された場合にはブックマークすることによって
何の薬を購入したかについて忘れたとしても
パッケージについては確認できますし、
箱を無くしたとしてもパッケージさえ覚えていれば
注意点などをそこから遡ることができるからです。

実際にドラッグストアや薬局に来られている方で飲んでいる薬の名前を正確覚えている方はいないので
薬局で飲んでる薬を聞かれた時等いつでも確認できるように
ブックマークしてもらえたらいいかなと考えています。

また、SNSでもコラムのURLは載せているのでTwitterをフォローするという方法でも良いかなとは思います。
Twitterに飛びます

個人的な健康相談についてはこちらから友だち追加いただいた後に承っています。
季節に合わせた市販薬の解説も行っています。
LINE公式アカウントに飛びます

また、併用している薬がある場合は私以外でも構わないので、
必ず薬剤師か病院へ相談してください。
販売責任は店舗にあるとはいえ、併用薬を考えないで勝手に市販薬をオススメしているような記事があるなら
それは絶対に信用してはいけません。確実に商業目的です。

読んでいただいてありがとうございました。
医薬品や化粧品の情報は怪しいのがたくさんあるので、比較の参考にもしていただけたらと思います。

美容や健康に関する発信を行っています。フォローして素早く情報をキャッチ!